池上線・東急多摩川線を走る7600系・7700系

 2014年最初の投稿になります。本年も当サイトをよろしくお願いします。

 2014年最初の話題は、池上線・東急多摩川線で活躍する7600系・7700系です。7600系は、7200系を改良し誕生した形式、7700系は7000系を改良し誕生した形式です。7700系に関しては、7000系時代から計算し50年を経過した車両も現存しています。
 しかし、交通新聞社出版の鉄道ダイヤ情報によると、2014年2月に1000系12両が、総合車両製作所から輸送されるとの情報が記載されています。

 この輸送が池上線・東急多摩川線の車両に影響を与えるかは不明確ですが、何らかの影響があるかと筆者は考えています。
 そこで、池上線・東急多摩川線を走る古株車両の7600系・7700系にフォーカスをあててみました。

7600_7700_201401_01.jpg

蒲田駅に進入する7601F@矢口渡 - 蒲田

スポンサーリンク

7600_7700_201401_02.jpg

多摩川へ向かう7908F@矢口渡 - 蒲田

7600_7700_201401_03.jpg

池上線を走る7700系歌舞伎模様@洗足池 - 石川台

 2014年1月23日時点では池上線・東急多摩川線の半数弱を占める7600系・7700系ですが、2014年は大きな変化が訪れるかもしれません。