TOQ-BOX編成の消滅

 東横線、田園都市線で運行されていたTOQ-BOX編成が2010年7月に編成装飾がはがされ、通常の衣装に戻りました。

toqbox01.jpg

東横線2代目となるTOQ-BOX編成。初代TOQ-BOX編成は8087F@武蔵小杉

スポンサーリンク

toqbox02.jpg

2008年12月頃に側面の装飾が剥がされ、前面のみの装飾となった@多摩川

toqbox03.jpg

2010年6月頃には前面の装飾も剥がされ、他の編成と同じとなった@多摩川

toqbox04.jpg

田園都市線では8634FがTOQ-BOX編成として活躍@宮崎台

toqbox05.jpg

8634Fも2008年12月頃に、側面の装飾が剥がされた。またほぼ同時期に前面のLEDが3色LEDに戻されている@梶が谷

toqbox06.jpg

2010年7月頃に前面の装飾も剥がされた。こちらは、他の8500系と異なり、側面の赤い帯が残っている@二子新地