Menu

東急3000系

系列名 3000系
該当形式 クハ3000形
クハ3100形
デハ3200形
デハ3250形
デハ3400形
サハ3500形
製造初年 1999年
最終製造年 2001年
製造車両総数 78両
車両性能 最高速度:120Km/h 加速度:3.3Km/h/s
減速度(常用):3.5Km/h/s 減速度(非常):4.5km/h/s
使用路線 目黒線
直通運転路線 東京メトロ南北線都営地下鉄三田線埼玉高速鉄道線
概要  東急初の20m車両が誕生してから30年目の1999年、3000系は、目黒線開通、東京メトロ南北線・都営三田線との相互直通運転のために投入されました。3001編成は東横線で8両編成で暫定使用されましたが、その後は6両化され、現在では目黒線で使用されています。
 車内は今までの車両と違い、座席は片持ち式のシートになり、ドアの上には電光掲示板がつけられました。
 3000系は、東京メトロ南北線・埼玉高速鉄道線・都営三田線との相互直通運転を行っているため、東急線内で出会う機会は少なくなっています。

スポンサーリンク

編成外観

3000_01.jpg

3000系一次車。連結器部のスカートの空間が広い@多摩川

3000_02.jpg

二次車以降は狭くなっている@多摩川

行先表示機

3000_11.jpg

行先表示機。種別と行先は同じ部分に表示される@武蔵小杉

客室内

3000_51.jpg

3000系客室内。3000系から片持ち式バケットタイプの座席に変更された@武蔵小杉

車内表示機

3000_61.jpg

製造時から2段式電光掲示板が千鳥配置に設置されている@武蔵小杉

3000_62.jpg

2段式案内表示機と反対側は、ドア開閉案内のみ@新丸子