Menu

東急8000系

系列名 8000系
該当形式 クハ8000形(形式消滅)
デハ8100形(形式消滅)
デハ8200形(形式消滅)
サハ8300形(形式消滅)
デハ8400形(形式消滅)
製造初年 1969年
最終製造年 1982年
製造車両総数 187両
車両性能 最高速度:120Km/h 加速度:3.3Km/h/s
減速度(常用):3.5Km/h/s 減速度(非常):4.5km/h/s
8000系概要  8000系は、東急初の20m車両として、1969年に東横線に投入されました。また、日本初のワンハンドルマスコンを搭載した車両でもあります。初期に製造された車両は、非冷房車でしたが、順次冷房化され、現在では全車両が冷房化されています。
 東横線で使用されていた8000系は車体更新工事が進み、行先表示機がLED化されたり、通称"歌舞伎顔"とよばれる姿になったりしましたが、2002年から廃車が進み、2008年1月13日のさよなら運転をもって、全編成引退しました。
 一方、大井町線で使用されている8000系は、パンタグラフがシングルアーム化されてました。2003年から廃車が行われ、2008年2月22日が最終運行日となり、全編成が引退し、東急線での営業運転を終了しました。

スポンサーリンク

編成外観

8000_01.jpg

大井町線で運行された8000系@緑が丘

8000_02.jpg

東横線用8000系歌舞伎顔編成@新丸子

8000_03.jpg

東横線用8000系赤帯撤去編成@都立大学

行先表示機

8000_11.jpg

初期に製造された編成の行先表示機@旗の台

8000_12.jpg

後期製造車は行先表示機の幅が拡張されている@荏原町

8000_13.jpg

東横線用編成はLED化されている@みなとみらい

8000_14.jpg

後期製造車のLED化@渋谷

客室内

8000_51.jpg

室内未更新車@大井町

8000_52.jpg

東横線用8000系室内更新車@元町・中華街

8000_53.jpg

大井町線用8000系室内更新車。化粧版が張り替えられた@大井町