Menu

東急8090系

系列名 8090系
該当形式 クハ8090形(形式消滅)
デハ8190形
デハ8290形
サハ8390形
デハ8490形(形式消滅)
製造初年 1980年
最終製造年 1985年
製造車両総数 80両
車両性能 最高速度:120Km/h 加速度:3.3Km/h/s
減速度(常用):3.5Km/h/s 減速度(非常):4.5km/h/s
使用路線 田園都市線
直通運転路線 東京メトロ半蔵門線
8090系  8090系は、8000系を軽量化した車両で、1980年に投入されました。車体断面は丸みを帯びています。以前は東横線で使用されていましたが、8590系の誕生に伴い、一部中間車を除き、大井町線で使用されるようになりました。東横線に残った車両は8590系に組み込まれました。
 その後、8590系に組み込まれた編成は、田園都市線・大井町線に転属になりました。大井町線で運行されていた車両は、8590系組み込み車も含め、2013年までに全て引退し、8090系顔の編成は消滅しました。
 田園都市線で運行されている車両は、8590系に組み込まれていますが、2020系の導入に伴い、引退が近づいています。

スポンサーリンク

編成外観

8090_01.jpg

8090系一次車。ヘッドライト、テールランプの位置が低い@緑が丘

8090_02.jpg

8090系増備者。ライトの位置と帯の位置が同じになっている@自由が丘

8090_03.jpg

2008年に入り、大井町線専用帯・フルカラーLED式に変更された@尾山台 - 等々力

8090_04.jpg

増備車も、2008年までに大井町線専用帯・フルカラーLED式に変更された@自由が丘

行先表示機

8090_11.jpg

幕式の行先表示機@大井町

8090_12.jpg

フルカラーLED化後の側面行先表示機@二子玉川

客室内

8090_51.jpg

8090系客室内@大井町