Menu

東急8500系

系列名 8500系
該当形式 デハ8500形
デハ8600形
デハ8700形
デハ8800形
サハ8900形
製造初年 1975年
最終製造年 1989年
製造車両総数 400両
車両性能 最高速度:120Km/h 加速度:3.0Km/h/s
減速度(常用):3.5Km/h/s 減速度(非常):4.5km/h/s
使用路線 田園都市線大井町線
直通運転路線 東京メトロ半蔵門線東武伊勢崎線東武日光線
8500系概要  8500系は、地下鉄半蔵門線の相互直通運転車両として、1975年に田園都市線に投入されました。運転開始直後は、東横線や現 大井町線でも見られましたが、新玉川線の開通に伴い田園都市線の利用客が増えたため、田園都市線・新玉川線のみで使われるようになりました。しかし、5000系の増備により再び大井町線へ転属してる編成および廃車が発生しています。また、8500系は400両が製造され、東急で最も車両の多い形式でもあります。
 現在では、車体更新工事が行われており、行先表示機のLED化や、座席シートの更新が行われています。

スポンサーリンク

編成外観

8500_01.jpg

田園都市線用8500系標準スタイル@つくし野

8500_02.jpg

田園都市線用幕式編成@宮崎台

8500_03.jpg

大井町線後赤帯の8500系

8500_04.jpg

大井町線用帯意匠の8500系。行き先表示機は、フルカラーLED化されている@自由が丘

8500_05.jpg

TOQ-BOX編成時代の8634F@溝の口

8500_06.jpg

青帯シャボン玉編成時代の8637F@あざみ野

8500_07.jpg

全面表示機がフルカラーLED時代の田園都市線8500系@藤が丘

行先表示機

8500_11.jpg

田園都市線用8500系標準スタイル@中央林間

8500_12.jpg

田園都市線用幕式編成@あざみ野

8500_13.jpg

田園都市線用白色LED式編成@市が尾

8500_14.jpg

大井町線用白色LED式編成@尾山台

客室内

8500_51.jpg

8500系室内未更新車@中央林間

8500_52.jpg

8500系室内更新車@中央林間

8500_53.jpg

最終増備車の車内。7人がけの椅子には仕切り版がある@二子玉川

車内表示機

8500_61.jpg

8500系車内表示機。現在は8634Fと8637Fのみで千鳥配置である@中央林間

8500_62.jpg

反対側はドア開閉案内のみ@中央林間