2014年夏 北海道ぶらり旅 その弐

 前回のアップロードから時間が経ってしまいましたが、旅日記続けていきます。

20140607_01.jpg

 この日は旭川からスタート。美瑛・富良野方面へ向かいます。この日は2014年のノロッコ号運転初日ということで、旭川駅では出発式の準備が進められていました。このイベントは毎年やっているのでしょうかね?
 そんな準備をしている中、一足先に富良野線に乗って、美瑛へ向かうことにしました。

20140607_02.jpg

 美瑛駅に到着。駅舎は石造りのおしゃれな建物で、駅前には大きな木が1本立っています。そして、駅前には自転車を貸し出しているお店が何店舗かあります。そこで私も自転車を借り、美瑛の丘をサイクリングすることに。

20140607_03.jpg

 美瑛の丘は急勾配の連続。写真だけでは分かりくいかも知れませんが、とにかく坂がきつい。今回お借りしたのは、電動自転車でしたが、電動自転車でも坂の終盤は漕ぐのがしんどくなります。普通の自転車では廻るのは、脚に自身がある人でないと、登りきれないと思います。

20140607_04.jpg 20140607_05.jpg

 美瑛の丘には、丘の真ん中にポツンと立つ木がいくつかあり、テレビCMなどに出てきた木もあります。1枚目の木は、たばこのセブンスターのCMで使われたことから、セブンスターの木と呼ばれています。2枚目は並びが親子のようなので、親子の木と呼ばれています。親子の木は下から撮影していますが、近くまで行く坂道はひたすら登り続ける、サイクリング泣かせの道のりでした。

20140607_06.jpg

 北西の丘展望公園に到着。ここからは大雪山系の山々が見えます。6月の初めですが、山頂付近には雪が残っています。ここからは美瑛駅に向かってひたすら下って行きます。

20140607_07.jpg

 ここでキハ150の写真を1枚。富良野線の普通列車のほとんどはこのキハ150で運転されています。それにしても、JR東日本のキハ100にそっくりですね。列車は、美瑛から山を越えて富良野へ向かってきます。旭川から美瑛までは高台を迂回して走っていますが、美瑛から富良野へは勾配を上って行きます。

20140607_08.jpg

 およそ45分で富良野に到着。根室本線との合流駅のため、駅はやや大きめです。しかし、昔は特急列車が行きかっていた富良野駅ですが、今は普通列車と臨時特急しか走らない静かな駅となっています。

20140607_09.jpg

 そして、富良野は北海道のちょうど真ん中あたりにあることから、「北海道のへそ」をうたっています。「へそ丸」というゆるキャラもいて、町の中に潜んでいます。

20140607_10.jpg 20140607_11.jpg

 駅前をぐるっと廻って駅に戻ってくると、そこにはSLの姿が!朝走っていたノロッコ号は最初の便と最後の便がSL連結での運転でした。そして、中間の便はディーゼル機関車のみでの運転であるため、その間SLはお休み中ということでした。

20140607_12.jpg 20140607_13.jpg

 そして、その中間便のノロッコ号を撮影。富良野側には機関車がついてなく、客車の先頭に運転台があるんですね。富良野駅での停車時間は10分もないので、機関車の付け替えを行っていてはとても間に合いません。短時間で折り返せるわけはここにあったのですね。

 ここからは富良野線を逆戻りし、旭川へ戻りました。夕飯はもちろんジンギスカンを頂きました。写真はないですよー。

Category :

スポンサーリンク