2014年秋 初海外・台湾旅行 其の参

 台湾3日目は台北から出発。目指す先は、「千と千尋の神隠し」のモデルになった、九份へ。行きは台北市内から高速バスで向かいましたが、アナウンスが流れないため、どこを走っているのかさっぱりわからず。台湾では割と普通なんだとか。しかしながら、大体行く人の流れで分かるので、その勢いでバスを下車しました。

20141117_01.jpg

 九份に到着です。街が山に作られているため、坂道と階段を組み合わせた町の構成になっています。

20141117_02.jpg

 九份で頂いた肉団子と魯肉飯です。これで75元ですから、大体300円。安い上においしいので、これはたまりません。

20141117_03.jpg

 九份の町を散策した後は、平渓線に乗車するために、瑞芳駅に戻ります。ですが、その前に区間車で猴?駅に立ち寄ることに。

20141117_04.jpg

 この猴?駅の周りには猫がいっぱいいます。飼われているのかはいまいちよくわからないのですが、観光客も多いことか、人懐っこい!猫が苦手な自分は上の写真を撮った時に襲ってくるのかと思い警戒してしまいましたが、そんな心配は無用でした。

20141117_05.jpg

 きっぷを買って、列車に乗るのかな?

20141117_06.jpg

 さてさて、ここからいよいよ平渓線へ。この日はあいにくの天気だったため、横を流れる川が濁流状態。十分瀑布を見に行こうと思ったのですが、断念し駅前をフラフラ。写真のように、願い事を書いた風船を飛ばすのが観光客にはやっているようです。気球の原理で飛ばすので、線路から上げるのが、一番良いのでしょう。

20141117_07.jpg

 列車が通るとこんな感じです。沿線のお店の人が大声で列車が通過するのを教えてくれます。
 先にも書きましたが、この日は大雨でしかも気温が低い上に風が強く、体が冷えてしまいました。なので、長居せず、暖かい食べ物を食べ、列車に乗車。菁桐駅で行くことに。

20141117_08.jpg

 終点の菁桐駅です。駅前に商店街があるものの、これと言って行きたいところはなかったので、そのまま引き返すことに。瑞芳駅から区間車に乗り換え、台北駅まで戻ります。

20141117_09.jpg

 それにしても大きい駅舎ですね。線路は地下化されていますが、駅舎がとても大きい。そして、この日はクリスマスツリーの準備が行われていました。2014年も間もなく終わりですね。

20141117_10.jpg

 台湾最後の夜は、台北の料理店へ。ここのご飯がとても美味しかった。客層は日本の居酒屋の感じですが、お酒を飲まない人もいたので、ファミレスに近い感じでしょうか。
 たらふく食べた後は、士林の夜市へ。

20141117_11.jpg

 月曜日だからか、客足は少なく、普通に歩ける程度でした。友人に聞くと、週末は歩けなくなるほどだとか。次は週末に来てみたいですね。

Category :

スポンサーリンク