豊橋鉄道1800系の初期ラッピング

 2000年12月に運行を開始した豊橋鉄道1800系は、2編成が他の編成と異なる色のラッピングが施されました。

toyohashi_original_01

基本は赤いラッピングが施された@小池

toyohashi_original_02

第4編成は青いラッピングでなぎさ号として運行された@三河田原

toyohashi_original_03

第7編成は黄色いラッピングでなのはな号として運行。現在は漢字になったが、変わらず菜の花号である@南栄 – 高師

toyohashi_original_04

2001年に予備車として留置されていた7200系は、赤帯のまま@南栄 – 高師

toyohashi_original_05

豊橋鉄道ラッピングと、無塗装車両@南栄 – 高師

 なお画像はありませんが、2008年に上田電鉄から譲渡された第10編成は、緑色のラッピングが施され、しばざくら号として運行されました。