城下駅に5200系が登場

 2019年台風18号によって、千曲川にかかる橋梁が流失してしまい、上田 – 城下間が運休となっています。そのため、城下駅で別所温泉方面への折り返し運転が行われていますが、通常上り線として使われているホームが折り返し用となっており、下り線は未使用の状況でした。その下り線に5200系が留置され、2020年7月23日から展示が行われています。展示は9月27日までの予定となっています。

ueda_be02_5200_01

上りホームの1000系と並ぶ5200系。定期列車は、「上田」の行き先を表示している@城下 – 三好町

ueda_be02_5200_02

城下駅に展示された5200系。照明も点灯している@城下

ueda_be02_5200_03

妻面部分はふさがれている@城下

ueda_be02_5200_04

下りホームにはオリジナルプレートも用意されている@城下

ueda_be02_5200_05

側面の社銘板は「TOKYU CORPORATION」のものになっている@城下

ueda_be02_5200_06

記念グッズまたは城下駅の入場券を購入すると運転台の見学ができる@城下

ueda_be02_5200_07

専用の撮影スポットも用意されている@城下 – 三好町

ueda_be02_5200_08

この日はまるまどりーむ号との並びも見られた@城下 – 三好町