東急2020系

系列情報

系列名 2020系
該当形式
  • クハ2120形
  • デハ2220形
  • デハ2320形
  • サハ2420形
  • サハ2520形
  • デハ2620形
  • サハ2720形
  • デハ2820形
  • デハ2920形
  • クハ2020形
製造初年 2017年
最終製造年 2019年
製造車両総数 110両 (6020系から編入された車両を含む)
車両性能
最高速度
120km/h
加速度
3.3km/h/s
減速度(常用)
4.0km/h/s
減速度(非常)
4.5km/h/s
使用路線 田園都市線
直通運転路線
  • 東京メトロ半蔵門線
  • 東武スカイツリーライン
  • 東武伊勢崎線
  • 東武日光線
概要  2020系は、快適性、環境性、安全性の向上を目指した車両でJR東日本E235系をベースに製造された車両となっています。田園都市線に投入され、8590系、2000系、8500系を置き換えています。車内の液晶ディスプレイは、ドア上だけでなく、座席上にも設置されました。座席上はデジタルサイネージディスプレイとなっており、広告を中心とした映像が流されます。
 なお、系列名が「7000」の次の「8000」とならなかった理由は、公式には、2020年の東京オリンピックおよび、2022年の東急100周年を記念し、「2020」を採用したと発表されています。
 ホームドア設置推進のため、5000系で登場した6扉車は導入されませんでしたが、2019年度増備車より、4号車・5号車・8号車のドア間に設置されている座席が7席から6席に変更され、ドア付近のスペースが確保されるようになりました。

編成外観

2020_01

田園都市線で運行されている2020系。東京メトロ半蔵門線のほか、東武線へも顔を出す@すずかけ台

行先表示機

2020_11

側面の行先表示機。ナンバリング記号と停車中は次駅も表示される@渋谷

客室内

2020_51

2020系車内@押上

2020_52

7人掛け席@長津田

2020_53

2019年度より導入された、6人掛け席@長津田

車内表示機

2020_61

ドア上の表示。他系列とはデザインが異なる@宮崎台

2020_62

デジタルサイネージ用ディスプレイは、荷物棚上部に3つが並んでいる@押上