東急8590系

系列情報

系列名 8590系
該当形式
  • デハ8590形 (形式消滅)
  • デハ8690形 (形式消滅)
製造初年 1988年
最終製造年 1989年
製造車両総数 10両
車両性能
最高速度
120km/h
加速度
3.3km/h/s
減速度(常用)
3.5km/h/s
減速度(非常)
4.5km/h/s
概要  8590系は、みなとみらい線への乗り入れを考慮した8090系の増備車両で、東横線に10両が投入されました。8090系との違いは、正面が貫通扉になっている点です。また製造されたのは先頭車両のみです。
 しかし、5050系の増備により東横線での運用を離れ、4両が田園都市線で、6両が大井町線へ転属となりました。大井町線に転属した6両は2013年に引退し、田園都市線の4両も2019年に引退しました。

編成外観

8590_01.jpg

東横線時代の8590系@武蔵小杉

8590_02.jpg

田園都市線用8590系。2014年に排障器が取り付けられた@あざみ野

8590_03.jpg

大井町線用8590系@尾山台

行先表示機

8590_11.jpg

田園都市線用8590系の行先表示機@溝の口

8590_12.jpg

大井町線用8590系の行先表示機@大井町

客室内

8590_51.jpg

8590系客室内@元町・中華街