東急9000系

系列情報

系列名 9000系
該当形式
  • クハ9000形
  • クハ9100形
  • デハ9200形
  • デハ9300形 (形式消滅)
  • デハ9400形
  • デハ9600形
  • サハ9700形 (形式消滅)
  • サハ9800形 (形式消滅)
製造初年 1986年
最終製造年 1991年
製造車両総数 117両
車両性能
最高速度
120km/h
加速度
3.1km/h/s
減速度(常用)
3.5km/h/s
減速度(非常)
4.5km/h/s
使用路線 大井町線 (田園都市線)
直通運転路線 なし
概要  9000系は、1986年にVVVFインバータを搭載して登場しました。正面の貫通路が中央ではなくなり、今までとは異なった顔つきの車両となりました。この前面は、その後誕生した1000系や2000系に継承されています。車内は、車端部にボックスシートがあり、東急では珍しい座席配置となっています。
 9007Fのみ大井町線用として誕生し、その他の編成は東横線で活躍していました。2009年から2013年にかけて大井町線への転属が行われ、2013年に東横線での運行を終了し、全編成が大井町線で活躍しています。

編成外観

9000_01.jpg

東横線時代の9000系@新丸子

9000_02.jpg

大井町線用編成として誕生した9007F。大井町線専用帯に変更された9000系最初の編成@尾山台

9000_03.jpg

TOQ-BOX編成時代の9006F@多摩川

9000_04.jpg

水玉模様編成時代の9013F@自由が丘

9000_05.jpg

東横線から転属した大井町線9000系。現在は全編成行先表示機がLED化されている@下神明

行先表示機

9000_11.jpg

東横線は幕式で種別と行先の両方が記載されていた@元町・中華街

9000_12.jpg

急行運転が開始される前の大井町線用幕は種別表記が無かった@大井町

9000_13.jpg

大井町線用幕も種別が表記されていた@二子玉川

9000_14.jpg

現在は全編成の表示機がフルカラーLED化されている@尾山台

客室内

9000_51.jpg

室内更新車は化粧版が木目になり、座席シートも変更されている@元町・中華街

9000_52.jpg

座席シートのみが変更された編成もある@元町・中華街

9000_53.jpg

室内未更新時代の車内@元町・中華街

車内表示機

9000_61.jpg

2004年までに東横線の全編成に取り付けられた。大井町線用は未設置。千鳥配置となっている@元町・中華街

9000_62.jpg

2段式案内表示機と反対側は、ドア開閉案内のみ。大井町線用は未設置@元町・中華街