東急7000系(2代目)

系列情報

系列名 7000系
該当形式
  • デハ7100形
  • デハ7200形
  • クハ7300形
製造初年 2007年
最終製造年 2018年
製造車両総数 45両
車両性能
最高速度
120km/h
加速度
3.3km/h/s
減速度(常用)
3.5km/h/s
減速度(非常)
4.5km/h/s
使用路線
  • 池上線
  • 東急多摩川線
直通運転路線 なし
概要  7000系は7600系・7700系と一部の1000系の置き換え用として、2007年に誕生しました。車内には、5000系シリーズと同様に、液晶ディスプレイが設けられました。また、木目調を基調とし、座席はブルーとグリーンが用いられました。2号車には9000系以来となるセミクロスシートが設置されています。車体デザインは、長年使用されてきた「赤帯」が無く、緑と黄緑を用いたデザインとなりました。
 2012年度から2016年度の間は製造がありませんでしたが、2017年度より再度増備され7700系を置き換えました。
 正面の行き先表示は、「行き先(日本語)」「行き先(英語)」「路線名」の順で表示されますが、側面の表示機には、「路線名」が表示されません。7000系は、池上線と東急多摩川線で運行されています。

編成外観

7000_01

池上線・東急多摩川線で運行されている7000系@矢口渡

行先表示機

7000_11

行先表示機は白色LEDを採用し、種別は表示されない@戸越銀座

客室内

7000_51

7000系客室内。木目調を基調としている@蒲田

車内表示機

7000_61

池上線・東急多摩川線用の車両としては、初めて車内表示機が取り付けられた。2台の液晶ディスプレイが取り付けられている@蒲田

7000_62

2017年度以降の増備車は、ディスプレイサイズが17インチに変更された@蒲田