目黒線5080系の外見の違い

 目黒線の5080系は製造時期により、見た目に大きな違いがあります。その一部をご紹介します。

前面FRP部の違い

meg5080_01.jpg

5080系第1編成の5181F。正面の淵ががゴールド色である@武蔵小杉

meg5080_02.jpg

5080系第2編成の5182F。正面の淵ががシルバー色である@武蔵小杉

meg5080_03.jpg

5181Fと5182Fの並び。画像で見る限り差異はわからない。なお、5181Fと5182Fはその後種別幕がLED化される@武蔵小杉

行き先表示の違い(全体)

meg5080_11.jpg

5183Fより後に製造された車両は、フルカラーLEDを採用している@武蔵小杉

meg5080_12.jpg

2017年になり、5181Fと5182Fの種別表示がフルカラーLEDに変更された@武蔵小杉

行き先表示の違い(前面)

meg5080_21.jpg

5181Fと5182Fの初期の全面表示。種別が幕式となっている@不動前

meg5080_22.jpg

5183Fからは、種別がフルカラーLEDに、行き先が白色LEDに変更されている@武蔵小杉

meg5080_23.jpg

2017年になり交換された、5181Fと5182Fの種別表示。フォントは5183F以降と異なる@武蔵小杉

行き先表示の違い(側面)

meg5080_31.jpg

5181Fと5182Fは、側面表示は3色LED式となっている@武蔵小杉

meg5080_32.jpg

5183F以降はフルカラーLEDとなっており、5000系列以降の車両はこの形で統一されている@武蔵小杉

行き先表示の違い(各停表示)

meg5080_41.jpg

5183Fのみ各停表示が黄緑色となっている@武蔵小杉

meg5080_42.jpg

5184F以降は緑色となっている@武蔵小杉

排障器(スカート)の違い

meg5080_51.jpg

5181Fから5184Fまでの排障器。デハ5680側のジャンバ栓部分が開口している@多摩川

meg5080_52.jpg

5185Fから5187Fまでの排障器。開口部がふさがれている@多摩川

meg5080_53.jpg

5188F以降の排障器。強化型に変更されている@多摩川