緑の電車ラッピング装飾電車運行開始

 「行けばアガる↑池上線」プロジェクトの一環として、初代3000系をモチーフにした緑の電車ラッピング装飾を施した電車が運行を開始しました。2019年11月25日の夕方より運用に入りました。

1013f_green_01

緑の電車ラッピングが施されたのは、1000系1013F@武蔵新田

1013f_green_02

1013Fは貫通扉が真ん中にあるため、3000系に最も似ている@武蔵新田

1013f_green_03

車外銘板は3000系に合わせて、現在の形式のものがプリントされている@武蔵新田

1013f_green_04

重さの単位も漢字で書かれているが、「頓」はこの字なのか@蒲田

1013f_green_05

前面の車両番号表記も3000系に合わせ右上に@武蔵新田

1013f_green_06

側面には「T.K.K.」表記が復活@武蔵新田

1013f_green_07

ラッピングは屋根部分には施されていない@蒲田

1013f_green_08

側面の車両番号はラッピングされている@蒲田

1013f_green_09

現社銘板(正確には前社名だが…)も、ラッピングで覆われている@蒲田

1013f_green_10

号車番号札はそのまま適用されている@蒲田

 色合いは東横線5000系の青ガエル装飾に近いものでした。ツートンカラーの1017Fのような車内更新はされておらず、乗ってしまえば他の1000系と変わりありませんでした。