目黒線8両化工事状況 2021年6月編 其の壱

 目黒線各駅では、2022年度に開始を予定している、東急新横浜線および相鉄線への直通運転に向けて、8両化対応工事が行われています。奥沢駅については、大幅な工事が行われていますが、それ以外の駅についても、8両化に向けたホームの工事が行われています。前回お伝えした、2020年12月から変化の様子をお伝えします。
 本ページでは、目黒駅から大岡山駅間の各駅の工事状況をレポートします。
※いずれも撮影日は2021年6月12日

目黒駅

両線とも、白金台寄りおよび、日吉寄りに1両分ずつ延伸される。

mg01_8cars_const_202106_01

白金台寄りはホームドアの設置工事は完了しており、2020年12月にはあった柵が撤去されている。

mg01_8cars_const_202106_02

日吉寄りも同様である。

不動前駅

両線とも、日吉寄りに2両分延伸される。

mg02_8cars_const_202106_01

2020年12月から変わらず、ホームドアの筐体は設置されているが、ドアは開放されている。延伸部分は仮囲いが設置されている。

mg02_8cars_const_202106_02

上りホームも同様である。

武蔵小山駅

4線とも、目黒寄りおよび、日吉寄りに1両分ずつ延伸される。

mg03_8cars_const_202106_01

下りホームの目黒寄りはホームドアの設置が完了し、仮囲いが撤去されている。蛍光灯は点灯状態となり、既存部分よりも明るい。

mg03_8cars_const_202106_02

上りホームの目黒寄りは、下りホーム目黒寄りと同様である。こちらも照明が明るい。

mg03_8cars_const_202106_03

下りホームの日吉寄りは点字ブロックの設置も完了している。

mg03_8cars_const_202106_04

上りホームの日吉寄りは、下りホーム日吉寄りと同様である。

西小山駅

両線とも、目黒寄りおよび、日吉寄りに1両分ずつ延伸される。

mg04_8cars_const_202106_01

目黒寄りはホームドアの設置が完了し、仮囲いが撤去されている。

mg04_8cars_const_202106_02

日吉寄りもホームドアの設置が完了し、延伸部分に出入りができる状態となっている。

洗足駅

両線とも、目黒寄りに2両分延伸される。

mg05_8cars_const_202106_01

下りホームはホームドアの設置が完了しているが、延伸部分は仮囲いが設置されている。

mg05_8cars_const_202106_02

上りホームもホームドアの設置が完了している。延伸部分にはまだ立ち入ることはできない。

大岡山駅

両線とも、日吉寄りに2両分延伸される。

mg06_8cars_const_202106_01

下りホームは日吉寄りの乗務員用出入り口も設置され、概ね完了している。

mg06_8cars_const_202106_02

上りホームも同様である。